願いをスイスイ叶えるコツ

世の中にはすんなりと願いを叶えている人と、目標や願いがなかなか叶わないという人がいます。

まず、願いをすんなりと叶えていく人というのは、当たり前ですが・・・目標を現状からそう遠くないものに設定しています。

これは、大きな目標や願いは叶いにくい。という意味ではなく、どれだけ小さな願いだとしても、それが叶う体験をすればするほど、

『自分の願いは叶う』

という思いを強化することができるからです。

私たちの見ている人生というのは、自分の思い込みなわけですが、高い目標を立てて、「いつまでも自分の願いは実現しない」という状態を長く続けていると、自分の願いはまだ叶わない、まだ叶わない、まだ叶わない・・・・

という思いを強め、その欠落感の波動を活性化してしまうんですね。

逆に、例えば好きなことでまずは月に5、000円でも稼ぎたいと決めて、それが実現すれば「自分は好きなことをしてお金をもらえる」という思いを強化することができます。

願いを実現することが上手になるには、ちいさな願い事を実現し続け、「自分の願いは叶う」という思いを強化し、実現したという喜びをたくさん感じ実感していくことが大切です。

自分はできる。

という潜在意識の思いを強化するためには、何も難しいことや大きいことを達成しなければならないというわけではなく、小さなことや些細なことでも「叶った、実現した」という実感があれば十分であり、無意識のレベルでは難しいことも簡単なことも区別はありません。

心理学の世界では、自己価値が低い人ほど大きすぎる目標を持つ。と言われています。これは、自己価値の低さを埋めるためには(自分を認められるようになるためには)それだけ大きな願いを実現しなければならないと信じているからと言えます。

しかし、それこそが自分の潜在意識に対して逆効果に働くんですね。

大きな大きな一つの目標や夢を実現するまでは自分を認められない、自分は願いをなかなか叶えられないという思いが続いてしまうからです。

大きな願いが実現する前にも、いくつも自分の小さな願いを実現し、それを実感して幸せを感じるということを繰り返していくことが、自分を認め、自分を愛し、自分の大きな願いを実現していくためにとても役にたつんですね。

自分に対しての期待が大きいほど、小さな願いをせっかく実現しても”この程度じゃ”と思ったり、”自分なんてまだまだ”と思いがちです。

けれど、潜在意識に伝わるのは、どれだけ大きな願いを叶えたとしても、叶った実感、自分は実現出来たという体験は身近な他のものとは変わらないのです。

だからこそ、「あの新しいお店に行ってみたい」というようなものでも、「この一冊の本を読み終えたい」というようなものでも、それを実現し、そしてそれを楽しみ、ちゃんと実感してみると、自分の中で「願いを叶えている嬉しさ」という波動を活性化させていくことができるんですね。

 

願いをスイスイ叶えるコツ、それは

大きな願いが叶うまで待たずに、小さな願いを叶えてそれを体感して味わう。

ということです。

そのために

1 自分の小さな望みを大切にする、自分に望んでいることを聞く

2 それを実現してあげる

3 その喜びや満たされた感覚を感じる

ということが大切です。

願い事のポイントは、他の人の言動や他の人の評価を求めるものではないことです。これは、自分の幸せを他者次第にしないためにも大切な部分です。

ですから、例えば作家さんとか、画家さんとか、になりたいとしたら、日々、書いていることの嬉しさとか、自己表現できる喜びなどにフォーカスを当てて、それを実感していく。もっともっと内側の光を表現していく。という感じになります。

私たちのエゴというのは、まだ売れない、まだ世に出れない、こんなんじゃ無理かも・・・

そんな風に語りかけてきて、願いの実現を阻もうとするんですね。それどころか、大好きなことをする喜びさえ削ごうとするかもしれません。

でも、そういう未来のこととか自分で管理できること以外のことにとらわれるのではなく、自分の今の体験の喜びや愛することをする充実感を感じてそこにフォーカスを当てていけば、後のことは宇宙が波動の法則が取り計らってくれます。

じゃあ願いを叶えるために、そうしたらいいのね。となりたくなるのをこらえて、とにかく今は、「今」に喜びを増やしてそれを感じて、それがどれだけ小さくても・・・そんな風に生きていくことです。大切に毎日の喜びを感じて生きている人というのはやっぱり、幸せだし豊かなんですよね。

エゴは、今あるものを味わって、感じてゆったり・・・と生きようとすると決まって「こんなことしている場合じゃない」と語りかけてきたりします。けれど、今の幸せを感じてゆったり生きるという選択こそが、「時間はたっぷりある」という結果をもたらすのです。エゴの声は「今」の幸せや満足を後回しにして未来を、未来をと焦るよう語りかけてくるのですが、その焦りの波動がいつになっても願いが実現しない未来という結果をもたらすんですね。

幸せのために、外側の世界を変えようとしたり、奮闘するのではなく、今、ここで自分の心を幸せにしてあげる、今ある幸せを感じていく、そうするとその幸せな心が自然に願いが叶った世界を見せてくれるんです。