願いに意識を向け続ける

2008年くらいから引き寄せブームが起こって、今ではファッション雑誌に特集が組まれたりといろんな人が引き寄せの法則を知るようになったと思います。

引き寄せのたくさんの本も出版されていますね。でも、本当に願いが実現した方というのはどれくらいいるでしょうか?

引き寄せは嘘だ!なんて言う声もちらほら聞きますね。

私の個人的な経験としては、やはり引き寄せは“働き続けている”と感じます。

 

何度か以前のブログでも書いてきたと思いますが、引き寄せの法則というのは、新しいメソッドというわけでもなく、常に私たちに起こってきた現象が明らかにされたということなのです。

つまり、欲しいものはなんでも引き寄せられます、引き寄せの法則を使えば。

というよりも、心の焦点が当たっているもの、それと同じものが引き寄せの法則によって引き寄せられてくる、共鳴するものが磁石のように集まってくるという意味なんですね。

 

なので、例えば、お金が欲しくてもお金が引き寄せられないという時、心の焦点は焦りとか、不安とかにあるのではないか?と思い巡らせてみると、確かに自分の心は豊かさとか、安心とか、ゆとりとかそういう場所になかったかもしれないということに気づくと思うんです。

お金が欲しいという、その欠乏感という動機に焦点が当たっていて、本当にお金があるから安心という状態の場所に心が置かれていないということなんですね。

 

つまり、祈り続けていなければいけないということなんです。

祈りは、願いに焦点を当てるものですが、その祈った時の心の状態が常に日常生活の中でも引き継がれている必要があるのです。

祈りを通して、願いに焦点を当て、祈りから出た後も、その祈りの中で感じた安らぎだったり安心感だったりに心を置き続けられるようにしたいんですね。

祈った後、再び、お金の心配をしたり、将来の不安について考え出したりしてしまえば、祈ったことを忘れてしまっているということなんです。

祈ったら、祈ったことを忘れない。

祈ったら祈ったということを思い出し続けている。

つまり、自分の心を信頼の場所に置いたままにするということです。

 

願いに焦点を当て続ける、願いにのみ意識を向け続ける。

ということをしていなければ引き寄せられてくるものは、願っていないものなんですね。

 

私たちの仕事は願いに意識を向け続けること。

そして、実際に実現させるのは宇宙(神や天使)の仕事です。

 

お祈りについて深く学ぶコース、2月末までのお申し込みとなっています。

お祈りを通して本当に願いを実現したい。心から望む人生を生きたい。実現したい。一緒に学びませんか?

お祈りについて深く学ぶコース