頑張らなくても成功できる?

無理して頑張らなくてもいい。

そんな言葉が、昔よりずっといろんなところで聞かれるようになった気がします。

それと同時に、努力家だ、とかストイックだとか、修行僧のように勤勉だとか、頑張ることを賞賛するような声もまだまだあり、頑張らない人は成功してはいけない、頑張らないで幸せになってはいけない、というような雰囲気もありますよね。

 

無理に頑張らないで本当に大丈夫なの?

と思う人もいると思いますし、頑張ることは悪いことなの?と思う人もいると思います。

まず、頑張ることは悪いこと?

ということについて考えてみたいのは、

頑張ることが悪いことなのではなくて、頑張りすぎて心が擦り切れてしまうのなら、そんなことしなくてもいいし、そんなことしなくても大丈夫。ということです。

他の人の期待に応えるために、愛されるために、無理して頑張らなければならないと思っているのなら、そんなことしなくていいということです。

好きなことを自分のために頑張りたい。と本当に思っていて、その過程を楽しめるのなら、それは素晴らしいことだと思います。

実のところ、側から見て、その人が無理して頑張っているのか、それが好きだから専心せずにはいられないのか、見た目ではわからないのかもしれません。

発しているエネルギーは真逆になりますが。

 

以前、こんな風に質問された方がいました。

「頑張らなくても成功できるんですか?」

これは、きっと誰もが聞きたいことだと思います。

 

それに対しての答えは、成功をどのようなものと捉えるか?によって異なると思います。

その人にとっての成功という願望が、愛や喜び、幸福から生まれた願望であれば、無理にそれを実現しようと苦しみ、努力しなくても実現します。心の拠り所がスピリットであり、周りや自分の中のネガティブな声に流されたり、チャレンジを怖れなければそれは愛の力で実現していきます。

逆に、成功を求める心が、不安や怖れ、認められたいとか、エゴからお金や権力、支配力などを追求するという状態だと“それが悪いことだという意味ではなく”単にものすごくエネルギーを消費することになり、努力なしには成功できないんですね。そして、それを実現したとしても、今度はそれを維持するために、ずっと疲れているんですよね。

 

つまり、エゴから生まれる願望というのは、

現状を受け入れられないという今の自分や、状態、状況への「抵抗」から生まれていることがほとんどなんですね。

抵抗するエネルギーというのはものすごくエネルギーを消耗するんです。

今、どのような状況にあったとしても、それは未来が変わらないという意味ではないのですが、人は、望まない現状を否定したがりますよね。そして、それを変えたいと思います。今を否定する、今に抵抗するというところから生まれる願望は、流れに逆っていて、つまり、思い切りブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいるのと同じで、なかなか進まないんですね。

抵抗していては、成功するのにものすごい労力がかかるんです。

 

頑張らずに成功するには、

一旦、現状を受け入れてしまう。ということです。

こんな状態や、こんな自分は嫌だと思って、そこから生まれた願望を実現しようとすると、ものすごく疲れてしまうのです。

でも、多くの方が経験がある通り、何かに抵抗しなくなると、自然と物事が運ばれていくんですよね。

 

例えば、今、コロナが流行っていて、いつまでもコロナなんてなければよかったのに・・・と嘆き悲しんでコロナに抵抗していても自分が苦しいだけなんですよね。でも、今みんなが「ウィズコロナ」と言って、新しい生活様式を「人間側」が取り入れて、自分たちが変化して、コロナと共存していこうとしているんですよね。コロナと戦うんじゃなく、抵抗するんじゃなく、自分たちが変わってやっていこうって、していますよね。

 

私たちのエゴは、長い間、相手を変える方法、状況を変える方法を模索してきていると思うんですね、つまり、どうやって外の世界を自分の思い通りにできるだろう、とコントロールする方法を探して、試して、そういう力を手に入れたがってきたんですよね。

古い形のパワーですよね。

でも、そういう世界は終焉に向かっているんですよね。

コントロールは、戦いが生まれるし、奪い合いが生まれるし、抵抗が生まれるからです。

 

外側を変えるために、コントロールするパワーを手に入れるんじゃなくて、「受容」という愛の力、私たちに本来備わっていた愛の力を思い出す、そういう新しい時代に入っていっているんですよね。

 

未来に違う世界になってくれることや違う自分を望んでもいいんです。

でも、今、この瞬間はあるべきあるようにあるのだからと、一旦「今」を受け入れると、新しいアイディア、つまり新しい扉が開きます。

 

無理して頑張らないでいいというのは、外の世界の基準に合わせて自分を変えようとしたり、外の世界の人たちの期待に答えるために我慢したり、外の世界の人たちに好かれるためにもう何かをしなくていい、ということです。

外の世界を基準に生きることをやめても、大丈夫。

自分基準に(自分の中の愛を大切に)生きても、ちゃんと生きていけるし、お金も大丈夫だし、愛されるし、大丈夫。

ということです。

無理に頑張らなくても、成功してもいいし、豊かになってもいい、愛されてもいい、そういうことなんです。

 

私たちの中にある「愛」を基準に生きれば、(今、愛を感じてここにいる)ありとあらゆるサポートがやってきて、努力なしに、自然にいろんなことがうまくいきます。

だから、「愛」を信頼してください。

 

最後に、マハリシ(ビートルズやディーパック・チョプラ氏のスピリチュアルな師)の言葉を。

他人の好き嫌いや気まぐれに基づいて自分の人生を生きてはなりません。