自分の中にすべてがある

自分の中にすべてがある。

きっと、スピリチュアルが好きな方だったらなんども聞いたことがある言葉だと思います。

それでも、どうもピンとこない。それを信じられない。感じられない。といった方の方が多いかもしれません。

それでも、本当にそうだったらいいなぁ、と思っていると思います。

 

自分という身体はもちろん、自分の経歴や生い立ちや外見やそういうものを超えたものが私たちの中にあります。

それぞれの「わたし」の中に、無限の宇宙が存在していると考えてみてください。

無限なので、本当に無限なんです。

過去に縛られていない、何ができるかということについて、何が持てるかということについて、全く制限はありません。

わたしができることと、自分の過去とは関連がないし、体型や人種とも全く関連はありません。

私たちは、自分が何かをしたり、しなかったりするのだと思っているので、その自分で何かをしなければいけないと思ってきたと思います。

けれど、ご自分の中に「無限の宇宙の力」が存在していると思ってみてください。

何にも変幻自在、何にも姿を変えられる、そういうエネルギー(愛)が誰もの中にあります。

その無限の力、知性にすべてを行ってもらうことができます。

むしろ、そちらが「本当の自分」です。

その無限の力に頼ることで、私たちの身体が適切な行為をできるよう、話ができるよう、行動ができるよう、すべてを導いてくれます。

これまでの自分、自分が信じている自分という存在がなんとかしなければいけないのではなく、自分の中の「すべて」が手取り足取り行なってくれるんです。

 

ですから、なぜあの人は成功しているのだろう?とか、なぜあの人は欲しいものをすべて手にしているだろうか?と思った時は、その人が特別優れているからとか、運がいいからとか、良いカルマが巡ってきているとか、努力したからというわけではなくて、それはすべて自分にも望めば本当に可能なことだということに気づきたいですよね。

無限の叡智、無限の力、そういう制限のないものが、果てしのないすべてが自分の中にあるのだから、それが発動してくれるよう依頼すれば、いいだけだったんですね。

 

「自分」を感じる時に、その無限のエネルギーの方を自分だと思って感じてみてください。

そちらが、ご自分です。

そして、自分だと思ってきた、その自分は、本当の自分とは無関係の自分です。

同じように、よく知っていると思っている家族や友人も、実は無限のエネルギーの方がその方たちの本質なので、私たちが知っていると思っているその人と、真のその方とは何の関係もないんですね。

その人たちのことを何も知らないのと同じです。

自分のことを何も知らないのと同じです。

私たちは無限なので、本当に無限なので、自分もあの人も思っているような人ではないんですね。

本当に無限の方を自分だと、他人だと、そうみていくと、そこにこれまでとは違う姿が状況が、関係が現れてきます。

私たちの中にはすべてがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です