簡単に引き寄せられるものと引き寄せられないものの違いとは

ひ・ひ〜ふみん、ひ・ふみ〜ん♪

将棋の名人ひふみんをご存知ですか?ペンパイナッポーアッポーペンの、ピコ太郎さんに曲を作ってもらった、ひふみんです。

加藤一二三名人です。

今日の夕方、ひふみんは元気なのかな?とふと思ったんですね、最近テレビで見ないなあ・・・と思っていたら、今夜23:00頃のテレビに出演しているのを偶然(必然)見つけました。元気なんだ、と安心しました。

最近は、こうしたい!と強く願うものではなく、ちらっと思ったものが必ず引き寄せられるという現象が起きています。

パンケーキを紹介している番組を深夜に見て、パンケーキ食べたいなぁ・・・とちらっと思いそのまま忘れていると、次の日には誰かが買って来てくれたりするのです。

ちょっと前は毛ガニでした。その前は鯛でした。数え上げたらきりがありません。

以前、クライアントの方が「私は食べ物は簡単に引き寄せられるんですよね」と言っていた方がいらっしゃって、本当にそうですよね。とお話ししたことがありました。

皆さんも、食べ物だったら・・・と思う方も多いのではないでしょうか?

私たちは誰もが創造者なんです。例外なく、誰もがです。

その創造のポイントというのは、執着がない。ということなんですね、それがなければ困る。という強い思いがあると遠ざけてしまいますが、

ちらっと思ったもので軽いエネルギーのものは簡単に引き寄せることができるんです。

お金や、愛する異性、自分の夢見ていることというのは特に執着が生まれやすかったり、疑いが入り込みやすいため、引き寄せるために時間がかかってしまうんですよね、思い入れの強い仕事とかもそうかもしれません、でも食べ物というのはそうでもなくて、軽い気持ちで「あれ食べたいなぁ・・・」みたいに思っても「どうせ無理だよね」とか「私なんかじゃ無理」とか「そんな願いは夢に過ぎない」とか思わないじゃないですか。「他の誰かに取られたらどうしよう」とかそんなことも思わずに、みんなに行き届くだけあると信じている前提がありますよね。「自分だけがたくさん持たないと」とかも思わないですし。人と比べて食べ物を持っていない自分を責めたりもしないですよね。

だからこそ、まさか・・・と思うような方法でも食べたいなぁと思ったものを簡単に引き寄せることができるんですよね。

お金や愛する人、大好きな仕事を引き寄せたいと思う時も食べ物を思うような心の軽やかさをぜひ思い出してみてください。