本当の自分の願いと、自我の願いの違い

本当の自分、神意識としての自分と、自我の自分の願いが異なることがあります、というお話を何度か書いてきました。

そのようなお話を聞くと、自我が脅威に感じる場合があるようです。

私のこの願いを手放さないといけないの?

私は自分の思い通りにしたいのに、それは実現しないの?

ところで、これは自我の願いなのか、本当の自分の願いなのかどっちなんだろう?

というような疑問が生じることもあるかもしれません。

 

まず、本当の自分の願いとか、スピリットの願いとか、内なる神の願いというと、まるで親が子供に親の意向を押し付けるようなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、そうではありません。

自分の気持ちを無視して、親が勝手に自分の道を決めたりするようなもので自分は犠牲や我慢を強いられるだろう・・・

みたいな考えそのものが「エゴ(自我)」なんです。

エゴは、その考えを使って、本当の自分、無限の自分から分離させようとしているんですね。幸せを先延ばしにさせようとするんです。

 

本当の自分とか、神の願いとか、と聞くとエゴが、自分は犠牲を払わないといけない、やりたくないことをさせられるのかもしれない・・・

そんな風に思わせてくるんです。

だから、内側の神、無限の場所、そこから離れていたくなってしまうんですね。

それこそが、エゴの罠なんですが・・・

 

「本当の自分」というのは、言葉通り、本当の自分なので、自分にとって幸せではないことを望むはずがないし、成功しないことを望むはずもないし、我慢を強いることもないし、惨めさを感じさせるはずもないです。

そして、多くの場合、本当の自分の願いと、自分の願いは一致しています。

それが、喜びから生まれる願い、愛から生まれる願い、そういった願いだったら、私の願いは、本当の自分の願いと一致していると思って良いと思います。

 

逆に、自我(エゴ)の願いというのは、これさえ手にできれば自分には価値があると思えるとか、自分の欠けを埋めるために何かを自分のものにしたいとか、野心とか、競争意識を満たしたいとか、そういったものです。

例えば、有名になりたいとか、お金持ちになりたいって、認められたいって、いいんですね思っても。

でも、有名でない自分はダメだとか、お金をたくさん稼がないと人に認めてもらえない、みたいなその怖れ、無価値感から生まれている願いというのは、一時的に実現しても、無価値感は癒されることはない、ということなんです。

それが無価値感から生まれた願いであっても、ほとんどの願いは実現します。

ただ、無価値感から生まれた願いが実現しても、それを手にしたら手に入れられると思った何か(自分の価値を認められる、人に価値を認めてもらえる、幸せ)は手に入らないですよ。

と、それを、ずっと奇跡のコースであったり、エンジェルであったり、いろんなスピリチュアルな教えが言ってきているんですよね。

 

欲しいものは、自分の価値を認められるようになることであり、幸せのはずなのですが、その手段として選んでいるものが、違いますよ。

ということなんです。

でも、エゴは手段を追わせたいし、本当に欲しいものの方は手にして欲しくないし、それを先延ばしにさせたいんですよね。

その先延ばし作戦としての、偽の手段が自我の願いというわけです。

 

だから、例えば、痩せて綺麗になって、素敵な人に愛されて結婚したいから、ライザップに行くお金をどうか下さい。

って、いう願い方が自我がよく考えがちな願い方です(笑)

きっと、痩せて綺麗になってない自分は愛されない、価値がないって思っているわけですよね。

 

それを、本当の自分の願いとして願うとすれば、思い切り愛し、思い切り愛される体験を怖がらずにしたいです。助けてください。私が無理をしなくてもありのままでいられる、私にぴったり合う、パートナーを与えてください。

とか、

私も愛される価値があるということ、愛されるべき存在だということを信じたいし、体験したいです。助けてください。

とかになると思います。

 

その場合、ライザップいらんでしょ?ダイエットいらんくない?

って、誰でも思いますよね 笑

でも、自我が思いつく願いって、このダイエットやライザップみたいなものだし、もっと言えば、ライザップ代稼ぐためのいい仕事ください、みたいな願い方とかしているんですよね。

 

自分は愛される人なんだ。自分には価値があるんだということがわかりたいのに、体験したいのに、多くの人は、ライザップ代稼ぐのに一生懸命なんです(笑)

それが自我の思いつく願いですね。

それで、本当の願いに、ライザップや痩せて綺麗になることが関係あるのなら、そういったものもお願いします、ってくらいの感じでライザップについてはいいと思います(笑)

 

なので、本当の自分の願いを信頼してしまって全然大丈夫です。

本当の自分の願いも、自分の願いも本当は一緒なので。