望む未来を今生きると願いが叶う

多くの人は願い事について考える時、願いが叶った状態は未来にあり、まだ願いが叶っていない「今ここ」がある。

そんな風に考えがちです。

未来に願いが叶う、だから「今」は叶っていない。

そのような意識を持っていると思います。

それは一見自然に見えますし、私たちはそんな風に捉えていると思います。
しかし、それだと願いはいつになっても実現しないんですね。

 

今、自分がそうだと思っていることがこの先も続いていく

 

それが私たちが日々自然と行なっている現実創造の仕方です。

波動的に言えば、「今の波動が、今と同じような未来を作っていく」と言えます。

ですから、望む未来を実現するためには、今、目の前で目にしているものがどんなものであったとしても、心の中は未来の望む状態である必要があります。

 

例えば、自分は成功したアーティストになりたい。

そのような願いを持っているとします。

 

そうだとしたら、

今、自分がすでに成功しているアーティストであれば

・自分のことをどう思うだろうか。

・自分の価値をどう感じているか。

・自分の作品についてどう感じるだろうか。

 

それを、今、ここで感じて、思っている必要があるのです。

いつか成功したら自分のことを成功しているアーティストと思える。
自分のことを認められる。

というのではなく、先に、今、ここで感じる必要があるのです。

今ここで、自分は成功できる人間だとか、自分の創る作品は本当に素晴らしいとか、自分の作る音楽にはすごい価値があるとか、

そんな風に、叶ったらそう思えるだろうということを今、思ってそれが本当であるかのように感じていて欲しいのです。

誰かの評価を待つ必要はないんです。

誰かから評価は必要ないんです。

自分が自由にそれを思ってしまっていいんです。

 

エネルギーレベルではすでに成功しているアーティストになってください。

エネルギーのレベルで、自分はまだまだのアーティストだ。

と思っているとすれば、その「まだまだ成功できない」という場所でぐるぐると現状維持が続いていくだけになってしまいます。

波動レベルでもそうですが、

脳の働きから見ても、「自分はまだまだできない」そう思っていると、できない人がやることしか意識に飛び込んできません。

できる人たちができるようになった情報というのがどうしても盲点になってしまい、意識に入ってこないのです。

しかし、自分はできる人間なのだ。と自分の価値を認め始めると、本当にそうなるために必要な情報が意識に入ってくるようになります。

これは、放送局を合わせているチャンネルの放送を聞けるようになるのと同じようなもので、「自分はできない人チャンネル」に自分が意識に合わせていると、できないままでいるような情報しか入ってこないんですね。

でも、「自分はできる人チャンネル」に自分が意識を合わせていると、できるようになる情報がちゃんと入ってくるんです。

どこに意識のチャンネルを合わせておくか。

それだけで、その願いを実現するために必要な情報が入ってくるか、こないかが決まってきます。

ですから、望む未来は今、心の中では起こっていないといけないわけです。

今、考えることは「どうしたら〜になれる」だろう。

ということではなく「自分はすでに〜である」ということです。

すでにそうなっているそのエネルギーの中に、その意識の中に浸っていてください。

 

すると新しい情報が目に入るようになっていきます。

今まで何となくしか気にならなかったものが、これが必要なものだ。とはっきりとわかってきたりします。

ずっと読めずにいた一冊の本が気になるかも知れませんし、何となく知ってはいただけの人に連絡を取ろうと思うかも知れません。

何かしらの新しい行動が取りたくなります。

その行動は、こちらからあちらに頑張って行こうとする行動ではなく、

すでに自分がそうなりたいと思っているような人が楽しんで、当たり前のようにやっている行動のはずです。

自分がそうでありたいと願う自分が未来でやっているであろうそれを、今生きてください。

逆に、望む未来の自分がやっていないであろうこと(行動・思考・習慣・選択など)はすこしずつでも良いのでやめていく必要があります。