望む未来のためのスペースを作る

私たちには物理的な空間や精神的な空間が与えられています。

そして、その空間に何を置くかが私たちの人生を創ります。

もし、自分に与えられているスペースに古いものがたくさん置かれているとすれば・・・


・昔の出来事に対しての執着

・過去の誰かに対しての怒りや非難

・過去の栄光や挫折

・別れたパートナーや忘れられない片思いの相手

・親に対してのネガティブな思い

・未来への不安から取っておいてあるそんなに好きではない物

・子供の頃に好きだったもの

・読まない本

・興味の湧かないもらい物

・何年も使っていない物

・妥協で付き合っている人間関係

 

こうしたもので「今」の空間が埋まってしまっていれば、望む未来が入るスペースはありません。

今が過去の物や思いで占められてしまっていれば、今は単に過去を生きているだけということになってしまいます。

望む未来を受け取るためには、過去を手放す必要があるのはこのためです。

多くの人は、今より前に起こったこと、望まないことについて考え、人によっては何年も前のことについて考えて怒りを持っているかもしれません。

そして、望む未来ではなく、不安な未来のことを考えている時間の方が多いかもしれません。

しかし、それでは本当に望む未来を生きることはできないのです。

私たちが望む未来を生きるには、

望む未来に連れて行きたくないもの、幸せな未来には必要ないものは手放す必要があります。

なぜなら、「今」が永遠に続いていくからです。

今が過去で占められているのなら、未来も過去の焼き直しになってしまいます。

望む未来を呼び込むために、古い物、古い想いがあればそれらを浄化しましょう。

より良いもの、新しい流れと新鮮なエネルギー、冒険を呼び込むためにスペースを作ってください。

古いものを手放すには「自分を信頼する、自分の人生を信頼する」ということがベースになった勇気が必要ですが、逆に言えば、古いものを手放すことで、自分を信頼できるようになり、自分の人生を信頼していると宇宙に宣言していることにもなるのです。

過去を手放せば、理想の人生に近づいていくことができます。