一つのやり方が万事に及ぶ

今日は、お休みの方も多いかもしれません。

こちらは朝から、街が静かです。

昨日、インフィニットクエストとこれまでの個人セッションとの違いを教えてくださいというお問い合わせを頂き、他の記事に詳しく書かせていただきました。

これまでの個人セッションとの違いについて

 

書きながら改めて、一事が万事なんだよなぁ・・・

ということを思い出していました。

私が、アラン・コーエン氏というスピリチュアルの師から、常に学んできたことの一つに、「幸せも豊かさも、愛も私たちの当然の権利である」ということがあります。

全部、持っていいし、むしろ幸せでいることは義務です。

 

また、人生の領域のどこか一つだけがうまく行かないということはなく、どこか一つがうまくいっていないのなら、他もうまくいっていないはずだし、本当の意味で何か一つの領域がうまくいっているのなら、すべての領域でうまくいっているはずだということです。

 

以前、ある作家の方とアランがイベントでコラボしたことがあり、彼女がアランに、相談していたんですよね。

私は、仕事では成功しているのですが、それを分かち合うパートナーもいなくてこんな成功には意味があるのか?と思うんです。って。

そうしたら、アランが、どこかだけがうまくいって、どこかがうまくいかないということはないんですよと、話していたんですよね。

こんな成功に意味があるのか?と思っているその成功というのも、実は違う源から生まれてきているではないのか?ということです。

 

私たちというのは、エネルギーで物事を作り上げていく存在ですよね。

だから、自分のエネルギーの状態というのは、人生のあらゆる分野に影響が及んでいくんですよね。

何かに対して、本当に愛を持っている、その愛のエネルギーというのは、同時に他の分野にまで及んでいますよね。

だから、怖れに駆り立てられて必死に駆け上がるやり方で、どこか一つの分野で頂点を極めた時、その成功に意味があるのか?一緒に喜べる人もいなくて寂しい、と思う時、愛ではなくて、自我のコントロールでもって実現した可能性が高いんですよね。

 

また、例えば人間関係などでも一人の人との関わり方というのは、結局、他の人たちにも及んでいきます。

これも、ゆうきゆうさんという作家で精神科医の方が書かれていたことですが、「ある人が他の人にやる一番悪い接し方を、いつかあなたも受けることになる」という法則です(笑)

よく、別れた恋人の悪口を言う人と付き合うのはやめたほうがいい(笑)いつかあなたもそう言われるようになるから。とか聞いたことありませんか?これも確か、アランからも私は聞いたことがあります。

 

そう考えてみると、愛を忘れてしまった、一つのやり方、関わり方というのは、その時に対象となっている人だけではなく、同じ時に、他の人にもそのやり方をしているのと同じなんですよね。

もっと言えば、自分に対してもやっているのと同じですよね。

だからこそ、たった一つでもいいから、目の前のことに愛でもって取り組みたいし、その時にあらゆる領域にその愛が広がっていっていることを覚えていたいですよね。

 

最後に・・・

愛の力は、ここ、そこ、あらゆるところで生命を成功へと導きます。

〜マハリシ〜