やる気が続かない時どうしたらいい?

こうする!と決めたのに3日ほどしか続かない、それどころか、朝、今日はこうしよう!と思ったのに、夕方頃にはすでにやる気がなくなってしまっている・・・

そんなことが誰にでもあると思います。

自分が本当に大好きだと思っていることですら、やる気が起きない、やる気が持続しない・・・

そんなこともあると思います。

セミナーに参加したり、セッションを受けたり、カウンセリングを受けて、明るい気持ちになったかと思ったら、数日後にはまたネガティブな気持ちになってしまう・・・

そんな人も少なくはないと思います。

 

まず、何かが長続きしない自分を責める必要はありません。

それは自然なことですし誰にでもあることだからです。

 

私たちの「エゴ」は自分の中から光が出てくることをとても怖れています。

エゴは、エゴに従うことをやめて、神の導き(心の声)に従って生きるようになることをとても怖れているんですね。

 

なんとかして、自分が輝かないようにすることがエゴの仕事です。

ちょこっと光が見えてくると・・・

「ねえ、ねえ、こっち向いてよ」

「ねえ、ねえ、ちょっと今まで通りにしない?」

と光と反対側に引っ張っていこうとするんです。

ちょっとした身体の不調を使ったり、疑念を使ったり、過去のことを思い出してイライラし出したり、こんなことやっている場合じゃないと未来の不安を持ち出したり、ありとあらゆる方法で光輝かないように邪魔をしたいんです。

 

そんな時に思い出したいのは、例えば、痩せることが目的ではないということを思い出すということです。

ある人が、例えば、痩せたら綺麗になって、素敵なパートナーができて愛される。そう思っているとします。

でも、ダイエットが続かない。エクササイズが続かない。

そんな時、その人にとっての本当の目的は「痩せる」ことではないはずですよね。

本当の目的は、誰かと愛し愛される体験をしたい、繋がりを感じたい。

そういうことですよね。

だとすれば、痩せても、痩せなくても、どのような体型でもそれは体験できるということです。

痩せなければ愛されない。

その思いが愛し、愛されることを阻んでいるんです。

そして、痩せられない自分を責めたり、痩せていない自分を否定したり、それはエゴの罠にはまっているんですよね。

ですから、愛されたいからダイエットをしようとして、チャレンジしてもうまくいかない、そんな時は、ダイエットに成功するから愛されるのでも、痩せているから幸せになれるのでもないということを思い出してください。

そして、真の目的、それを生きたい。そう思ってみてください。

愛し、愛されたいのです。

そのようにあなたが信じる高次の存在にお願いしてみてください。

 

どんなことでも、何かが続かない、それに取り組めない。元に戻ってしまう。

そう思った時は、もしかしたら「手段」を自分で決めてしまっているのかもしれない、自分で頑張らなければならない。そう思っているのかもしれません。

そんな時は、「本当に、本当に求めていること」をお願いしてみてください。

 

そして、その流れに導いてもらうと、ダイエットに必要な行動が「よし!やろう!」と気合い(笑)を出したり、しぶしぶ重い腰を上げたり、という必要もなく、なんだか自然にそうできてしまった。ということが起きてきたりします。

または、そのままの君がいい、という人が現れたり、別に痩せたいとも思わなくなったり、自然と体重が減っていったり、自分で無理に頑張るということをしなくてもいろんなことが起こってきます。

それとも、疎遠だった家族との関係が修復されたり、新しい友人ができたりするかもしれません。(こうした場合でも、素敵なパートナーをあきらめる必要はありません。)

どんなことが起きてくるかは楽しみにしていてください。

今の自分がストレスを感じない、受け入れられる範囲、そんな方法で答えはやってきます。

というのも、それがリストラでも、素晴らしい人との結婚でも、どちらも同じように変化というのは私たちにとって大きなストレスだからです。

 

私たちには文字通り、山をも動かす心の力(私たちの中の神の無限の力)がありますが、本当に今、それができてしまったら怖いんです。エゴは強い抵抗を示します。

突然にそんなことができてしまったら、重い鬱になってしまうと言います。

ですから、本当にそういう変化を起こせるだけの力を受け入れられるようになるまで、「みんなが」根気強く待っていてくれ、その過程に付き合ってくれるのですね。

焦らなくても時間は十分にあります。

一歩一歩、自分のパワーを受け入れていきたいですね。

 

 

今日は、ちょっとしたワークを。

1 これをしないと・・・と思っているのに続かないこと、モチベーションが湧き上がってこないことを書き出してみてください。

2 そして、それを何のためにしているのか、それができるようになれば自分はどうなれると思っているのか書いてみましょう。

3 2のようになることでどんな体験ができると思いますか?

4 3のような体験ができることを助けてください。とお祈りしてみます。

 

例:あるセラピストの方

1 ブログを書くことが大変。何を書いていいかわからないし書けない。

2 クライアントさんに来てもらえる。他の人に自分の仕事に興味を持ってもらえる。

3 癒しを必要としている人たちと出会い、癒すことができる。

4 他の人たちを癒すことができるよう助けてください。

 

こちらの方の場合、本当に本当に願っていることは「他の人たちを癒したい」ということなので、ブログを書かなければいけないと、そんなに思わなくても良いし、努力しなくていいし、ましてや自分を焦らせたり、責める必要はないということでした。

その代わりに、他の人たちを癒すチャンスをたくさんいただけるようお祈りしてゆだねる、ということができます。

そして、やってくるチャンスを見逃さない。

何かしらやってくる答えを見逃さない。

心境の変化や心が働きかけてくる流れに乗る。

そうしたことに気を配っていてください。