無難に生き抜くことよりも偉大さを生きる

私たちの多くは気がつくと「安全」でいることを選びがちですよね。

これは、ある意味自然というか、未知のものよりも「現状維持」の方が生命を維持する上では大切だと感じる自我の自然なメカニズムなんですよね。

先日、前澤友作さんのお話をしました。(大富豪のお金についての考え方)

あのあと、ツイッターをのぞいて見たのですが、その日のツイートには

『いずれにせよどこかで勝負して仕掛けないと・・・』

と書かれていました。

「いずれにせよどこかで勝負して仕掛けないと」

という言葉がすごく響いたんですね。

ちなみに、昨日のサッカー本田圭佑選手のメルマガの一言メッセージにも「自分への投資を妥協する人間は絶対に終わる」と書かれていて、”絶対に終わる”ってさすがアスリート!なかなか厳しい言い方ですが、再び同じようなメッセージが私のところに届いて、もっと自分のことを信頼して、もっともっと自分のしたいこと興味のあることに投資したほうがやはり良い時期なのだろうな。と思いました。この投資というのは、お金もそうですし、自分が本当にやりたいことにもっと時間やエネルギーも使っていくということですよね。

いずれにしろ、自分を信じていないと自分に投資はできないし、自分がしたいことに投資もできないですよね。

何かをやりたいと思った次の瞬間には、それを引き止めるようないくつもの思考が頭に湧いてくるのは誰もがだと思います。

けれど、大きく踏み出す人というのは、怖れがないのではなく、怖れがあってもそれでも自分の心が向く方向へ進むことを選ぶ人なんですね。そして、そういう人たちが新しい時代を切り開いていったり、より良い世界を作っていくんです。

賛否がありますが、私が思う前澤さんや本田選手の魅力というのは、大きなビジョンを持ち、既存の枠にとらわれず、世界に貢献するためにチャレンジし続けているところなんですよね。

 

だから見ていて面白いし、インスパイアされるし、爽快なんです。

彼らも人なので、間違えたことをしてしまうこともあるし、失敗もあると思います、それでも小さくおさまらない。失敗しても前進し続ける。叩かれても、嫌われても、それでも自分の心にある思いを貫く、そういうところに啓発されるんですよね。

 

アインシュタインは、

「偉大な人間は凡人たちの激しい反発にいつも遭遇してきた」と言っています。

前澤さんや本田選手にはたくさんのアンチが存在しますよね。世の中に偉大な人と、凡人がいるというよりも、自らの偉大さを忘れてしまっている人が凡人(目覚めていない人)という意味なのですね。

でも、彼らを攻撃するアンチの人たちの声には「自分ももっと自由に生きたい。自分ももっと人に与えたい。偉大な自分を思い出したい」というメッセージが含まれているのだと思うんです。

 

奇跡のコース(キリストからのメッセージ)には、

「卑小さを(ちっぽけに)生きるのではなく、偉大さを生きなさい。偉大さこそがあなたの本当の姿なのだから」という言葉が書かれています。

私たちは本当に偉大なんです。エゴが自分こそは偉大なのだ!というそういうイメージではなくて、神が神自身の延長として神と同じように創造されたのが私たちなので、私たちというのは、自分が思っている以上のことができるんです。

キリストはこんな風に言いました。

「私にできることはあなたにも出来ること」

 

安全に生きることに徹して、危険を感じるけれど心が急き立てられるような新しい領域には決して入っていこうとしない人々もたくさんいます。

けれど人生の目的は、無事に死に辿り着くことではありません。

情熱を諦めて保守的になってしまえば、そのうち心の炎は消えてしまい、生気まで失ってしまいます。

ベンジャミン・フランクリンはこう言いました。「ほとんどの人間は25歳で死んでしまう。しかし、彼らは75歳までは埋葬されない。」

過去に挫折した経験があれば、冒険は怖いことかもしれません。

でも、そのプランが挫折したのは「小さすぎた」からではないでしょうか。

そのプランは本当のあなたの中から生まれたものというより、世間や親や周りの人の期待に応えて、親を喜ばせたい、人から認められたいというような思いから生まれた願いだったのではないでしょうか。

本当のあなたに見合った偉大なプランならきっと成し遂げることができるはずです。なぜなら、それは神の望みでもあるからです。

安全よりも、「自分は本当に生きている」と感じられる選択をしてみてください。

それは、突然仕事を辞めて退職金で海外留学に出る、という大それたことだけではなく、ダンスやピアノを始めたり、まずは空き時間に文章を書き始めるようなことかもしれません。

いつかのためにとっておいた古いものを処分することかもしれません。

小さい自己から選択していたことをやめ、偉大な自分から選択するのです。

そして、今ニュースなどで語られる世界が本当の世界だと受け入れるのではなく、自由で幸福で平和、豊かな世界を創造してください。

最後に奇跡のコースワークブックからの言葉です。

あなたが何を見たいかについて自分の心を変えれば、世界の全てはそれに従って必ず変化する(ワーク132.5)」