人生を早く動かしたい時は1

自分の人生は停滞している様な気がする・・・

何年もずっと同じ状況で変わらない気がする・・・

いつになったらこの状況から抜けられるんだろう・・・

そんな風に思っている人は少なくないと思います。

 

まず、人生の流れに乗っている人というのは

決断し、行動することが早い。

ということです。

 

以前、ある経営者の方が「優柔不断な人に運がいい人はいない」と言っていたのを聞いて、なるほどなあ・・・と思いました。

 

流れに乗っている人や運がいい人というのは、

何が自分にとって大切なことか、自分にとって価値が高いことが何かがわかっているんですよね。

それは、自分自身との対話が十分にできていたり、ハートの声を聞いたり、どうしたいかということがわかっているからです。

だから、決断も早い。

自分とつながっているから、自己信頼があるんですね。

自分の人生を生きている。

とも言えると思います。

 

そして・・・ここからが本題なのですが、

自分の人生を本当に生きるために必要なピースというのは、

自分が苦手だと思う人が持っています。

(ちなみに苦手な人や許せない人を許しなさい。という意味ではありません)

 

自分の人生を停滞させているのは、

ずっと同じうまくいかないやり方をしているから

という理由がほとんどです。

 

それはどんなやり方というと、

〜してはいけない。

と思っていることをしないということです。(ん??と思いましたか?)

 

実は

「〜してはいけない」と自分が自分に禁止していることが自分の人生が前進することを阻んでいるのです。

 

自分の人生に現れる「許せない」「腹がたつ」というような人は、

自分が自分に禁止していることをしていることがほとんどです。

自分にやってはいけないと我慢させていることを、誰かがやっていたら腹がたつはずですし、当然、批判したくなります。

でも、その「〜してはいけない」と自分をコントロールすることが、自分を自分らしく自由に生きられなくしているんですね。

自分をコントロールすればするほど、良い部分も外に出てこなくなってしまいます。

生命力やイキイキしたエネルギーも抑圧されてしまうんですね。

 

〜してはいけない、と思っていることが多い人ほど、罪悪感が強いと言えます。罪悪感が強ければ、強いほど、幸せを受け取ることを自分に禁止してしまいます。自分を不自由にさせてしまうんですね。

もっと自分を生きるためには、もっと自由になっていく必要があるんです。

全一性(ホールネス)を生き、本当の自分を生きるためには、

自分の中の「悪い」と思っている部分を切り捨て、抑圧してはいけないんです。

抑圧するとシャドーとなってそれが外側に投影され、誰かに自分を攻撃させたり、自分を萎縮させたり、そのために自分を引きこもらせたりします。引きこもると成功できません。ここでの成功の意味は文字通りの成功もそうですし、自分の本質を生きる。本当の自分を思い切り生きる。人生の豊かさや恵みを存分に受け取るという意味でもあります。

 

〜してはいけない、と自分に禁止したことを、自分に許していくこと。

苦手だと思う人がやっていることを、自分もやる。自分に許す。

ということで、人生が動いていきます。

 

ちなみに、この方法は

①人生が長い間停滞していて

②自分のやり方にこだわり、同じやり方をずっとやっていて

③自分の人生に許せない人や苦手な人がいる

という人で

「人生を早く動かしたい」と思う方が試してみると良いと思います。

 

これまで自分に禁止していたことというのは、「それをしたら自分は人に嫌われる」と思っていることがほとんどなので、それをするのはきっと怖いと思います。

実際に家族や身近な人ほど、あなたが他の人にとって良い人や安全で便利な人でいることをやめ、自由になっていくことについて良い顔をしないということもあるかもしれません。

でも、その怖れを超えていくと人の価値観を基準に生きることから自由になることができ、「さらに自分の光が拡大していく」んですね。

本当の自分が取り戻されてきます。

 

それが人生が前進するための次のステップだったのです。