スピリットとドライブに出たら

こんばんは。

今日も妄想日記の時間です(笑)

昨日は、わんちゃんのトリミングデーでした。

予約の時間に連れて行った後は、自宅に帰って往復するよりもせっかくなのでぶらっと出かけた方がいいかな?と思いドライブをしていました。

もちろんBGMはマリア・カラスでなく、BTSで(笑)

運転中はずっと、意識の上に浮かんでくる心の中の澱みをひたすらに赦しながら、その都度、スピリットに話しかけていました。

 

本当に不思議だったのは、右折時したい時に対面車線の多くの車が譲ってくれたりするんですね。

運転中にあんなに何度も譲ってもらえたのは初めてだったかもしれません。

こんな時は、出会う人も店員さんも優しい。

そして、とにかくずっと買い物中でもなんでも、スピリットに話しかけているのですが、途中、スーパーに寄って、車を置く時も、意図せずとも入り口の目の前の駐車スペースが空いていたり、買い物を一通り済ませ、車に乗ったちょうどその時「トリミングが終わったのでお迎えに来てください」という電話がサロンから入ったり、これも、ベストタイミング!

スピリットと繋がっていると本当に全てがすんなりいくんですよね。

 

いい駐車スペースを開けておいてあげようとか、わんちゃんのお迎えにちょうど行かせてあげようとか、そういうことをスピリットが思っているというよりも、そのわかりやすい形を使って、どんな風に見えたとしても「あなたは愛されていますよ」「「もう思い煩わないでいいし、うまくいくよう自分でコントロールしなくていい」ということをやさしく伝えてくれたように感じました。

目に見えていないことも、いまだ解決したように思えないようなことも、全て、今この瞬間うまく行っているのだということを伝えていてくれるような気がしました。

 

トリミングのお迎えに行ったとき、トリマーさんから病院に見せに行った方がいいですよ、とアドバイスをもらいその通りにそのまま動物病院に行くことになりました。

 

この動物病院は20年以上前からずっとお世話になっていたのですが、引っ越したことなどもあり、前の子がこの病院で亡くなって以来、今の子は連れて行っていませんでした。

それでも、サロンの場所からすぐ近くだったこともあり(それも流れですね)約2年ぶりに訪れてみました。

「ハニーです。」(以前の子も同じハニー、そして同じ犬種です)と伝えると、先生も看護士さんもすごく嬉しそうな笑顔で出迎えてくれました。

前の子の時は、先生のところで入院中に亡くなって、先生は申し訳なさそうな様子、私も大泣きしながら病院を後にしたきりになってしまっていたのですが、先生と私と、そして生まれ変わったであろうハニーの間に大きな癒しが起きたように感じました。

先生に、私たちの元気になった姿と笑顔をみてもらえて本当に良かったです。

先生に会えて、私の中にあったわだかまりが解けました。

 

スピリットとのドライブでたくさんのお膳立てがありました。

こうした、奇跡を積み重ねて、私たちは自分では何もしなくても良いということ、すべてはうまく行っていること、スピリットの道には愛のみがあることに信頼を置いていけるのかもしれません。

 

私たちは、何一つ、本当に何一つ、自分で望む必要はなく、ゴール設定する必要もなく、ただゆるすこと(ホ・オポノポノでいう浄化)のみをしていれば、すべてが一番いい形にピタッとはまるように、愛の世界を見ることができるようになっているのかもしれません。

 

奇跡のコースレッスン256より「神こそ、今日の唯一のゴールです」

神こそ、私たちのゴールです。そして、ゆるしこそ、わたしたちの心が最終的に神へ戻るための手段です。