寂しさを癒す

寂しい気持ち。

気がついていてもいなくても
多くの人の内側に「寂しさ」という気持ちが眠っているように思います。

寂しさや孤独感というのは、それをそのままシンプルに感じるには辛すぎるので
外側に意識を向かわせて気がつかないようにしていることがほとんどなんです。


何かや誰かを追いかけたり、目標にだけ向かっていくような生き方をしたり
仕事、買い物、イベント、テレビや食べ物、飲み物、ネットサーフィン。


外へ外へと意識を向ければしばらくの間は感じずに済むんですね。


寂しさは「内側の空虚さ」として感じる人もいます。


何かが足りない。孤独感。


それを埋めるように外へ外へと意識が向かいがちなのですが、
本当にその寂しさを癒すためには


内側に意識を向ける必要があるんです。


つまり、内なる声に耳を傾けることです。


外へ向かおうとする意識が男性性だとすれば、
内側へ向かう意識は女性性です。


今、わたしが必要としているものはすでにここにあります。


心はそうしたメッセージを発しているのに、
多くの人の男性性が何かを得るために意識を外へ外へと向けるんですね。


心がずっとサインを出しているのに
その声に耳を傾けずにいると・・・


外の世界に不調和が起こってくるんです。

それは人間関係の不調和だったり、身体の不調や金銭面や仕事のトラブルだったり、過去の経験から自分には必要だと決めた「何かを得る」ために外側に向きっぱなしだった意識と、ハートの想いとのズレがそうして現れてくるんです。


心が満たされていないのに、
外のもので満たそうとするその終わりのない試みに心が声をあげるのです。


心は「あなたが必要としているものはここにあります」


そう語りかけているんですね。
心の声と統合して生きる日をいまかいまかと待ちわびているんです。


もし、あなたが外側の何かを手にするために走り続ける生活に疲れ果てていたり、何をしても満たされない・・・
そう感じているとしたら。

まずは、自分が寂しかったことに気がついてください。


そして、寂しさを外のものや忙しさ、未来への”ファンタジー”で埋めようとしないであげてください。


そして、静かになって自分の心へと戻り、つながりを取り戻すことです。


寂しいのは、ずっと外側へと向かっていたからなんですね。


静かに、ハートと共に過ごす時間を毎日少しずつ取り
心が「本当に必要としているもの」を満たすようにします。

すべての行動は、ハートのリクエストを叶えるためになっていきます。


心が再び目覚めて天才性とパワーを外側にも表現していけるように、
神性があなたの内側にあることに意識を向けて一つになってください。

「私はすべての源、豊かさそのもの」そう何度もつぶやいてみてください。