私たちはエネルギーで会話する

最近、テレビのアップルのCMで面白いのがありました。

自分の個人情報が公共の場で全部あからさまになってしまっているCMです。

拡声器で自分のカードナンバーを伝えてしまったり、友人に補正下着を買ったと話していたり・・・

このCM、面白いですよね。↓

 

それで、実は私たちは普段から同じことをやっているんだよなぁ・・・と思い巡らせていたんです。

自分では隠せていると思っても、エネルギーには全て出てしまっているし、そのエネルギーというのは相手にも伝わっているんですよね。

隠せていると思っても、隠せてないんですよね。

みんな本当はエネルギーで伝え合うことができてしまっているんです。

だから、例えば口では「パートナーが欲しい」って言っていても、自分なんて愛されない、と思っていると、まるでおでこに「私を愛さないでください」というハチマキをつけて歩いているのと同じなんですよね。

言葉や行動より、お互いに「想い」の方を受け取っています。

まさに、 心は通じ合う です。

だって、一つの心を分かち合っているんですもんね。

 

何より、自分の中の神には、YESしかないんです。

無条件の愛だから、YESしかなくて、私って愛されない・・・私ってダメ・・・と思っていると、そんなことありません。なんては言ってくれずに「ハイそうですね」ってそういうエネルギーを自分が発することになるんですよね。

そして、自我が持っている「願い」よりも、自分のエネルギーが体験を形作っていくんですね。

 

だからと言って、じゃあ、自分なんてダメ・・・とか、自分は愛されない・・・って思っていてその思考パターンを「すぐに」「自分で」変えられるかと言ったら、実は不可能ですよね。

理論的には、自分は愛されるって考えればいいだけだってわかっているのに、でも、それができたら苦労しないよね・・・って思っている自分もいたりするんですよね。

 

で、なぜ、いわゆるネガティブな思考パターンをやめられないかというと、それが自我(エゴ)のやり方だからです。

自我というのは、自分のことを他の人よりイケてると思ったり、他の人に劣っていると思ったり、そういう天秤のようなものです。

優越感と劣等感を行き来するのが、自我です。

だから、自我でやろうとしても無理だったんです。

自我で持って、自分で頑張ってポジティブに考えよう、欲しいものを自分で思い描こうとしても、きっと難しかったと思うんですね。

だから、自分の中の「神」に、自分の中にある無限の存在に、お願いして、お祈りをして、助けてもらう必要があるんです。

自分でポジティブに考えようとするのではなくて、内側にある、無限に対して、例えば、「自分が他の人と比べて劣っていないことを体験させてください」とか、「豊かな自分に気づかせてください」とか、「自分の中の愛に気づかせてください」とか、内側にある神の無限の力に助けてもらうようにする必要があります。

その時、自分の意識というのは、無限のパワーに向けられていますよね。

自分の中の「すべて」に意識を向けている時、欲しがっている“それが自分の中にある”ということに向けられています。

“ある”という、そのエネルギーの状態でいたいんですよね。

 

その愛や、豊かさや、十分であるという、そのエネルギーの状態でできるだけ長く過ごせるように、習慣付けていく必要があるんですね。

ここは重要なのでもう一度、

維持したいので、習慣づける。

自分の中に無限があるということ、すべてがあるということを忘れないよう、思い出し続ける。

ということです。

でないと、やっぱり忘れてこれまで通りに戻ってしまうんですよね・・・

 

私たちはエネルギーの存在なので、そのエネルギーで本当は会話しているし、言葉や行動よりも実はエネルギーの方がリアルということですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です