犬がご飯を食べなかった理由

ここ1週間ほど、うちのわん子が朝ごはんを目の前に出すと逃走する!(笑)という奇妙な行動と、それから夜になってもほんの数粒つまむ程度が続いていたんですね。

犬がご飯を食べないと家族に話すと、10分以内に食べなければ片付けると焦って食べるようになるとか、毎日時間を決めてあげれば食べるとか、自分も子供の頃そうだったとか、そういう話だったんですね。

10分でご飯を下げるというインターネットでよく見られるような情報も誰かが試していましたが、効果なし。

それで、もともと時間もほとんど決まっていましたし、そういうことが問題ではないんだろうなと思っていました。

ワンちゃんがいつもと同じ食事を食べなくなるというのはよく聞く話ですし、私の親戚のワンちゃんたちもご飯を食べないことがよくあり、牛乳をかけてもらったり、ふりかけをかけたりみんな工夫して、ようやく気が向いたら・・・なんていう状況です。

 

私も、早速、家に余っていた缶のご飯をいつものドライフードに混ぜてみると、ペロリと平らげてしまったので、シメシメ・・・と思っていたのですが、これも一回こっきり・・・。

ご飯を食べなくなり、そのまま大きな病を抱えていることが発覚し、若くして天に旅立った前のこの子のことが頭をよぎりはじめます・・・・

 

それから、まあ、また何か別のものと混ぜてもいいし・・・と思いながら、奇跡のコースのスタディをはじめました。

その日のテーマは「問題の根っこは1つであり、あらゆる問題は1つの問題から発生しており、それゆえに1つが本当に解決するなら全てが解決する」

というものです。

つまり、ワンちゃんがご飯を食べない問題と肉球がパサついているという問題と、私が最近あまり食欲がないというのはつながっている、同じということです。

そして、問題の根っこは「心」です。

書いていて、今、気がついたのですが、そういえばわんちゃんだけじゃなく、私もここ1週間ほど食欲があまりなかったんだった!(笑)

 

私たちが外に問題を見るとき、外の状況をなんとかコントロールしようとします。

今回であれば、犬の食事のお皿を10分で片付けるとか、他のものを混ぜるとか、そういう何かしら犬に働きかけること、つまり、犬の問題として捉え、犬をコントロールするということですよね。

でも、コースの考え方でいくと、犬がご飯を食べないのと、私の食欲減退と、その他諸々のあらゆる問題というのは、全部自分の「心」のただ1つの問題なんですよね。

だから、外側のことをなんとかコントロールするのではなくて、

自分の心に働きかけてもらう。

という祈りが必要だったんです。

そして、早速、ホーリースピリットに次のように祈ってみました。

 

私には、何が問題だかわかりません。

自分では人生をコントロールできないことがわかりました。

全てを委ねます。あなたが創ろうとしている世界が見たいのです。

問題の根を癒してください。

 

要約するとこんなお祈りです。

ワンちゃんがご飯を食べますように。というお祈りではありません。

 

そして、本当にその直後です、なぜかふと犬と遊ぼう!と思い立ったのです。

遊びなさい。

という啓示がやってきたのではなく、なぜか遊ぼうと思ったんですね。

それから思い切り取っ組み合いをして、おもちゃの引っ張り合いをして、ひとしきり遊ぶと、自分からご飯が置いてある場所まで歩いていき、完食したのです。

そのあとのご飯もすべて食べ始めました。

あげてすぐに全部を食べるということはしていませんが、置いておくと自分のタイミングで食べています。そして、その日の分はいつの間にか完食します。

 

私たちは、今回のように犬がご飯を食べない、というような場面になると、「犬の問題」だと思うんですよね。

それは、子供が学校に行かないというと、学校や子供、親が問題なのか?と考えたり、人間関係がおかしくなれば、自分が相手に何かしたのか?と考えたり、そしてそのまま外の状況をなんとかしようとして解決策を探す。新しいコントロールに置き換える。対象に働きかけていく。

ということをしますよね。

でも、自分の心に働きかけていくと、深いレベルからの癒しが可能になります。

それは、外側の問題を1つ解決するというよりも、自分の心を癒してそこから全てを癒していき、その癒された心が映し出す癒された世界を見ていくという方法です。

 

その心の癒しの一つとして、「遊ぶ」という体験をもらいました。

ホーリースピリットの癒しが本当に奇跡だと思うのは何かをしなさい、という指示ではなく、そういう場面をなぜか創ってくれるところです。

ちなみに、私の食欲も昨日から戻ってしまいました(笑)
(もう少し食欲不振でもよかったのに・・・)

 

今回は、こんな形で天から奇跡をいただきました。

みなさんと分かち合えて嬉しく思います。