あなたはあなたが思っているようなあなたではありません

今日は、朝方から少し体調が優れませんでした。

それで、奇跡のコースのレッスンに書いてあったこんな言葉を思い出したんですね。

 

心を鎮めて、癒しの声を聞くことにします。

その声は、すべての病を一つのものとして治し、神の子に正気を取り戻してくれます。

この声以外、治す事は出来ません。

今日私たちは、真実を話すただ一つの声を聞きます。

そこですべての幻想は終わり、平和が、永遠なる穏やかな神の住処に戻ってきます。

(ワークブックレッスン140)

 

そして、しばらく静かにして神の癒しの声を待つことにしました。

目を瞑って少しの間は、いろんな思いが巡ってきて、聞いたことのあるような頭の言葉が並べられていきました・・・

そしてそれが通り過ぎていくと、これだ!と明らかにわかる声がやってきました。

それが、

「あなたはあなたが思っているようなあなたではありません」

という声です。

背中と心の周りにつきまとっていた重苦しいものが剥がれ落ちていくのを感じ、パーっと心が晴れわたる思いがしました。

深い部分からの喜びが湧き上がってくるのを感じたんです。

ホッとすると身体の不調が気にならなくなりました。
身体がやりたいことの邪魔をしているような感じというのがなくなりました。

 

体調不良を感じる前というのは、自分で気が付いていても、いなくても何かしら自分に対して批判していたりするんですよね。

本当にちょっとしたこと、例えば、ああしておけばよかったとか、あのことであの人はきっとこんな風に思ってしまったかな、とか別のやり方があったんじゃないかとか、些細なことでも、そういうちょっとした自己批判モードに入ってしまうと、あっという間に心に雲がかかってしまうんですよね。

それで、そういうところから、自己批判に耐えられなくなると、そういう罪悪感を感じたくなくて、あの人が悪い、あの人は何でああなんだ、あの時のあの言葉が許せない・・・とか、イライラや怒りを感じて心に雨が降ってしまったようになります。

それが、もっとひどくなると、こんな自分なんて生きてたって仕方ない、なんで自分だけがとか、あの人死ねばいいのにとか、やり返したいとか、一生許さないとか、もうそうなってくると心は嵐です。

毎日、何ヶ月も、何年も心に雨が降ったり、嵐になってしまうとやっぱり、病というものを見てしまうと思うんですね。

私たちはそうなった時にはじめて、自分の「心」の空模様がどうだったのか?ということに目を向けることになると思うんです。

それくらい、外の世界の誰かに夢中で、外で起きたことにばかり夢中で、自分の心で何が起きていたのか?ということに無頓着な気がしませんか。

でも、そんな風になるまでに待たなくても、自分の心に少し雲がかかってしまったくらいの時、つまり、自分がしたことやしなかったこと、表現したことやしなかったことで自分を責めてしまったこと、そういう罪悪感が心にあることに気がつければ、長い間、苦しむ必要なんてなくなるんです。

罪悪感によって自分を抑えてしまうような思いが癒されれば、病のストーリーを描き続ける必要もなくなるんです。

 

雲、それはエゴの幻想ですから、実態のないものです。

雲というのは、エゴの自己批判や否定、自己不信の囁きです。

その雲を本当の事だと信じたり、そのままにせずに、神の真実の声、つまり、自分の心に太陽を招き入れるんです。

すると、エゴが語りかけてきた嘘、雲が消散してしまいます。

実は、太陽はいつもそこにありました。

 

今日、神から頂いた言葉というのは、私たち、このブログのこの記事を読んでくださっている私たちすべてに向けた神からの贈り物でもあると思うんです。

「あなたはあなたが思っているようなあなたではありません」

私たちのエゴは、自分というのは・・・

誰かを傷つけてしまう、迷惑をかけてしまう、役に立てない、必要とされていない、人に冷たい、誰にも頼られない、人を不快にする、嫌われ者、誰にも愛されない、情けない、負け犬、頭が悪い、わがまま、自分勝手、怠け者、たかり屋、略奪者、親不孝、ダメな親、無能、足りない、不十分、詐欺師、無資格者、ダメ人間・・・

そんな風に自己批判、自己否定の声を語りかけてくることがあったと思います。

そして、それを自分だと勘違いしてしまったこともあったかもしれません。

 

でも、私たちはそんな邪悪な存在ではなかったということです。

そんな存在じゃない、自分がしてしまった事というのは起こっていない。

自分が誰かにそんな風な存在と思われているんじゃないか、と怖れているようなそんな人ではないということです。

 

愛され、歓迎され、応援され、信頼でき、尊敬され、人を豊かにし、愛情深く、親切で、そこにいるだけでみんなに喜びを分かち合うような光、周りを明るく照らすような輝く人、笑顔にする人、それがあなたの真の姿です。

神は、そう言っているのです。

あなたはみんなに歓迎されているんです。応援されているんです。必要とされているんです。あなたの表現するものはみんなに歓迎されています。

そういう自分をどうぞ生きてください。どうぞ表現してください。

神は、そう言っているのです。

あなたと奇跡を分かち合えて幸せです。