奇跡のコースとは

奇跡のコース(A Course in Miracles)は、心理学(心理療法)であり、テキスト、ワークブック、指導者向けのマニュアルの3冊の書籍から成り立つ、癒しのためのカリキュラムです。

この3冊の書籍は、アメリカ、コロンビア大学の医学部心理学科の教授であったヘレン・シャックマンという女性が「キリスト」の声をチャネリングし、聴きとった内容を記した書籍です。

キリストは宗教的なキリストではありません。無条件の愛からの声、そのメッセージ、と捉えても良いでしょう。

1965年から7年間に渡り書き取りをしたものを同僚のウィリアム・セットフォード氏が協力してまとめ、その分量は1300ページという膨大なページ数にのぼります。

今では世界23カ国で翻訳され数百万人に読みつがれています。

 

奇跡のコースは、心身の乾きや飢え、傷を癒し、病を治すためのコースです。

意識のあり方によって、人生のあらゆる局面が変化する体験をするためのコースでもあります。

奇跡のコースは
「神と自分は一体」
ということを理解し体験するレッスンです。


目覚めを促し、本当の自分を知り、パワーに気づき、それを生きるためのレッスンです。


ディーパック・チョプラ医学博士、エックハルト・トール、ウエイン・ダイアー、アラン・コーエン、ドリーン・バーチュー心理学博士など世界のスピリチュアルリーダーたちが、この書籍の教えを度々引用しています。

 

Feliceでは、難解と言われる奇跡のコースをわかりやすく、誰でもが感じている問題、日常生活のお悩み(お金や人間関係、キャリア、健康など)について奇跡のコースの解釈を当てはめるスピリチュアルレッスンをしています。

スピリチュアルレッスンはこちら