集客と婚活がうまくいく方法は同じ?

私がセラピストさんの養成コースを始めてから10年くらい経つと思いますが、マーケティングで悩んでいらっしゃる方がわりと多かったように思います。

もちろん、じゃんじゃん来てますよ!なんて方もいらっしゃいましたが。

 

ホームページにメルマガ、ブログと色々作ってもクライアントさんが来ない。

という方もたくさん相談に来てくれたりして、今振り返って、「なるほど」と思うことがあります。

それは「人を怖がっている」ということです。

今でも印象的だったのは、クライアントさんに来てもらいたいけれど、

ナメられたくない(笑)

と話していた方のことです。

確かに、彼女の話を聞いているとそりゃ失礼だね!って思うような人が来たことがあったようで、その気持ちもわからないでもないんですよね。

一度、苦手な人が来ると怖くなっちゃいますよね。

ハートを閉じてかっちりロックしちゃう気持ちわかります(笑)

 

ただ、自分でビジネスをするときに、「人が怖い」という思いがあると、それはまるでエネルギーの防壁を作って誰も入ってこないようにしているようなもので、本当に誰も入ってこれないんですよね。

 

これは、パートナーが欲しいって思っている人も同じで、その人のエネルギーが人を遠ざけるようなエネルギーの状態だと、どれだけ外見が良くても才能に溢れていても、人が寄ってこれないんですよね。ちなみに、人を遠ざけるために、無意識的に“太っておく”という人も多いといいます。

 

自分のところに正しい誰かがやってくるというのは、基本的に花開いているところに、ミツバチさんがあちらから飛んできて自分という花に着地する。

というイメージだと思うんですね。

でも、花を固く閉じてしまっていたら、お花の芳しい香りが漂わないから、ミツバチに気がついてもらえないんです。

あれ??

って思っているうちに、スルーされていってしまう。

たまに、自分の花を根っこから引き抜いて、近くを通ったミツバチをジャンピングキャッチしてしまうツワモノもいますが(笑)←(ビジョン心理学のチャック博士の言い回し)

私の経験上、そのミツバチは「自分の」ミツバチじゃないことがほとんどです・・・とほほ。

そして、自分に合わないミツバチと擦った揉んだしていると、もうミツバチなんてこりごり!!!って言って、閉じたままにしてしまうし、今度はジャンピングキャッチすらしようとしなくなってしまうのかもしれません。

 

自分が防壁を築いていたり、お花を固く閉じてしまっているときは、人とのご縁というのは出来にくいんですよね。

私のお友達とかで、ビジネスがうまくいっている人というのは、わりと誰にでもフレンドリーだったり、確かに人は怖いのだろうけれども、怖いからといって引っ込まないし、ハートを開き続けようとしている人たちだし、何よりも人から愛されることを怖がってないんですよね。

 

集客というのも、婚活というのも、きっと同じなんだろうな。

と私は思っています。

自分のお花を閉じたまま、怖がっているまま、つまりハートが閉じているまま、一生懸命に集客術を学んだり、起業塾に行ったり、婚活パーティーとかスピードデーティングに行っても、そんな時に関わる人たちというのは、「癒しや浄化」のための出会いには確かになるのだけれど、何かが増えていくとか、共同創造していくとか、そういう出会いにはなりにくいんじゃないか、と思うんですね。

自分の心が閉じていることに気がつかずに、すごく頑張っていても、その時に築ける人間関係がしんどいものであることがほとんどだから、結局、しんどくて諦めてしまう人も多い気がするんです。

せっかく「これがしたい!」って思って、情熱を持って取り組んだのに、心の奥底では人が怖いって思いながらだと、やっぱり人間関係はしんどくなるし、それどころか、人とのご縁もできにくくなったりして、そもそもの「これがしたい!」と思っていたその気持ちを萎んでいってしまうんですよね。

 

なんだか、ピンとくるな。

なんて方は、

・もしかしたら自分は愛が怖いんじゃないか?

ってこととか、

・「愛=支配」だと思っているんじゃないか?

 (※この場合、相手を支配することを愛だと思っていて、やってくる愛を支配だと思って怖がってしまう、つまり逆転してしまっている)

ということとか、

・愛をもらったらお返ししないといけないし、期待に応えないといけないと信じていないか?

・愛をあげたのに、お返しをもらわないと、相手が自分の期待に応えてくれないと自分は怒りたくなる?悲しくなる?

 

ということについて思い巡らせてみるのがおすすめです。

ちなみに一人が好き、一人の時間が大切、ならそれで、もちろんいいんです。

でも、一人が本当に好きだということと、人が怖い、愛が怖くてハートを閉じてしまって孤独でいるというのは真逆なくらい発している波動が違うんですよね。

 

そして、何よりも、自分が「愛(お金とか承認)を欲しがっている」状態で、相手をコントロールしたり、相手に合わせたりして自分の元に引き寄せようとしても、歯車が狂ってしまって、互いに愛の奪い合いになり、自分が辛いということ。

そうではなくて、自分の中から愛が溢れ出してきて、それに誘われてくる人を惹きつけるくらいに、自分のことを大切にしたり、自分を喜ばせたり、リラックスしたり(頑張るのをやめる)して自分の中に愛を増やしていく(すでにある愛を見つけていく)ことが大切なんですよね。

自分の中にない愛は与えられないし、与える愛があるところに人は「愛」を持ってあちらからやってきてくれて、その愛が何倍にも増えていくんですね。

 

キーワードは、

愛があるところに愛は増えていく。愛があるところに奇跡は起こる。

です。