お金は喜びの後についてくる

ワクワクすることを仕事にしよう。

大好きなことをすればお金を稼げるようになる。

そんな風にスピリチュアルな世界では聞いてきているけれど、生活のこともあってなかなか好きなことを仕事にすることが難しい、そんな方も少なくないと思います。

ワクワクしていることをしているつもりなのだけれど、お金が増えていかない・・・という方も少なくないのではないでしょうか。

今日は、ワクワクと仕事とお金のことについて少し整理してみます。

とってもシンプルなことなのですが、そもそもなぜワクワクを追い求めるとお金につながるかというと、「喜びのエネルギー」がお金を運んでくるからなんです。

もう一度、言います。

喜びのエネルギー=お金

です。

なので、人生の中に、日々の暮らしの中に、どれだけ喜びがあるか?というところが重要な点であって、好きな仕事のはずなのに喜びを感じてしていないとしたらお金がやってくる扉は開いていないということなんです。(あちゃー 笑)

例えば、頭では好きだと思っているし、ずっとそのことについて学んできているし、子供の頃からの夢だし・・・と思っていたとしても、喜びを感じていない(喜びの波動を発していない)とお金が流れてこないんですね。

喜びを感じていないとき、お金や人がやってくる扉が閉まってしまっているということなんです。

喜びを感じている時、扉が開いているので、その喜びのエネルギーにお金や人が引き寄せられてくるということなんですね。

だから極端なことを言ってしまえば、仕事そのものに喜びを感じられればベストだけれども、そうもいかないときは、仕事以外の時間にとにかく「喜びを感じられることをする時間を増やす」ということでもOKということです。

今は好きなこととは関係のない会社勤めやアルバイトをしていたとしても、それ以外の時間に本当に好きなことをして喜びを感じる時間が多ければ、いつかは喜びを感じることだけで食べていくことができる道は開かれるということです。(会社勤めをしながら好きなことを趣味として楽しむという生き方もちろん素敵だと思います!)

喜びを情熱、と表現するリーダーたちもいますが、どれだけ自分が喜んでいるか、情熱を感じているかと、その仕事で成功する割合というのは比例しているんですよね。

 

また、皆さんも聞いたこともあるかもしれませんが、本当は「お金がどこからやってくるかということに因果関係はありません。」

働いたらお金がやってくる。

というのは、一つの観念で皆がその観念を採用してそのような体験をしていますが、本当はお金はどこからどんな風にやってきてもおかしくないんです。

お金は、喜びについてきますが、その喜びがどのように生み出されたか、ということも問題ではないんです。

自分がお金を稼ぐためにしている何かと喜びが直接関係している必要もありません。

喜びのエネルギーが何から生み出されたかは関わりなく、喜びはお金や人生の充実感を引き寄せてくれます。

なので、それがお金になるかどうかは本当に関係なくて、自分が喜びを感じることなのかどうか?で何をするかを選びたいですね。

 

もうすぐ2021年になりますが、ぜひ「何が自分に喜びをもたらすのだろう?」という質問をご自分に問いかけてみてください。そして2021年がたくさんの喜びに満たされた一年となりますようお祈りしています。